これでとっくに万全!商売バックの行儀といった規則正しい決め方!

社会人と言えばスーツ・腕時計・革靴…大事なモノがありますが、その中で忘れがちなのが業務かばんの付きだ。有難いスーツに革靴を着ているのにかばんだけ学生時代に身に着けていたモノだと、そばから情けなく見えてしまう。今回は業務かばんのふさわしい決め方を授けるましょう。

まず業務作法におけるかばんのトーンは男女とも黒色が基本です。普段の業務景観だけでなく、折衝やパーティーなどのフォーマルな舞台にも持ち歩く事が出来ます。黒色はシミが際立つから面倒臭いというお客は、作法として茶色・ベージュトーン・グレートーンなどのシックなトーンのかばんを選びましょう。

次にかばんで要所は入れた記録をきれいに補完・セットアップすることだ。かばんに入れて持ち歩いているうちに記録が折れ曲がったりして、土砂降りに濡れてしまうのは駄目。そうしてかばんは水が浸透しない根源のものを選ぶのが作法だ。革製がベストですが、持ち歩くのに不便な場合には防水性の厳しい根源のかばんを選びましょう。次にボリュームだ。最低でもA4ボリュームの記録が加わるかばんにください。

またファスナーのついてるかばんを選ぶ事も大切な作法だ。ファスナーには中に生じる記録を土砂降りやシミから続けるだけでなく、記録を他人に見られたり無くなるのを防ぐ役目もあります。従ってファスナーの欠けるトートバッグは業務かばんとして作法違反になります。

有益だからってリュックを背負って店先に行ったりするのは、業務作法として今一良い売り物とは言えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です